×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

退職届けの体験的出し方

会社を辞める決心をした。よし! 辞表を叩きつけてやる!その様な気持ちになる人もいると思いますが、しかし落ち着きましょう。なぜか?
仮にそう思ったとしても、(申し訳ありません)という雰囲気?を態度に表したほうが絶対に得です。
自分もかつて、「俺はこういう気持ちなので対処してくれ!」と啖呵?を切って退職届けを出した事があります。
結果的に再就職に響きました。前職チェックで辞め方悪しです。

退職届けの書き方

肝心の本文の書式ですが、大事です。
自己都合で会社を辞める場合は、よくある一身上の都合云々で問題ないと思います。問題は肩叩きや、辞めてくれ!と言われた場合です。
この時、書式として「先般、受けました退職勧告に従い〇月〇日をもって退職いたします。」の趣旨の文面がベストです。
出す前にコピーを取っておきましょう。文面を変えろ!と言われた場合に、この文面を拒否された証拠になります。
変えた文面もコピー取るのも忘れずに。後にハローワークで会社都合にしてもらえる書類になります。あと、給料明細を必ず過去半年間取っておくことです。
嫌がらせで会社が離職票を1ヶ月以上出さないケースもあり、その場合に半年分の給料明細があれば、離職票がなくても失業手当はもらえます。それと、最低2ヶ月分位の生活費は確保しとべきです。会社都合か自己都合で揉めた場合、一ヶ月以上かかります。
でも、どの場合でもハローワークが対処してくれます。

退職届けを出すにあたって

退職届けを書く状況は多種多様です。理由も様々であろうと思います。書いた事が無い人はいないのではないでしょうか?退職届けの出し方としては、会社の規模によって微妙に違ってきますが一番無難な方法としては、まず、身近な上司にそれとなく辞めたい意思を伝えます。手順を聞くのも良いと思います。就職難とも言われてますが、なんとかなります。そこで、退職届けの書き方、書式、サンプル、文例様式、フォーマットのダワンロードなど。テンプレートなどもありますし、封筒の書き方など、、、会社を辞める理由によって書き方も違います。
簡単にいえば文例によって書いてしまえば問題ありません。
退職届けを提出する時は、決心して出してください。
これは私の経験ですが、同僚が退職届けをだして、撤回しましたが総務に回って拒否されました。小さな会社なら応用が利きますが、ある程度の会社は無理です。(よっぽど有能な人材なら別ですが、、)